知っておきたいことは

喧騒からは逃れられない

経済的に余力を持っている人でないと表参道のような高級住宅街での暮らしは望むべきではないと断言している一番の理由は、出費面といえる。ですがそれ以上に気にしておきたい、というよりもこの表参道という町で生活をしていくと決めた暁に覚悟しておきたいのが、やはり人混みから生まれる騒音だろう。とにかくこの町は人が多く集う場所となっている、住宅街という側面こそある表参道ですが、全体的に見れば商業オフィスがある場所でもある。そんな場所で住むとなったら色々と覚悟しておきたいのが、何かと忙しさで賑わう繁忙期についてだ。

一年間のカレンダーを参照してもらえれば分かると思いますが、特に一番混みあう時期といえば、言わなくても分かると思いますが、年末年始のその時期は特に込み合う。毎年、その時期になると決まって明治神宮へと初詣をしているのでよく分かるのだが、その時期になればなるほど喧騒は常に轟くように響いているのも表参道の特徴だったりする。

憧れの都会暮らし

お祭り騒ぎを通り越して

表参道が数日間、ある意味無法地帯と化しているといっても過言ではないのが年末年始のこの時期となっていますが、人の多さも半端ではない。初詣目的で訪れる人もいれば、表参道に集うあらゆるブランド店の商品目的で訪れている人もいるでしょう。全ての店が必ずセールを行っているわけではありませんが、決まってこの時期は大勢の人が訪れてくるため、この時ばかりの煩さはピカイチだ。また人が多ければその分だけ色々な性格をした人が訪れるのも特徴となっている。それこそ中には無法者といえるような無作法をしている人が、平然と町の美観を汚すような、そんな真似をする人を見かけることもある。

年末年始なんだからもう少し静かに過ごしたいと考えたいと思っている人がいるなら、それはまず諦めた方がいいでしょう。うるさくならない場所はないかという話になったら、駅前から徒歩で10分以上離れた場所の物件を選ぶ必要がある、ということになるわけでそうなってくると余り物件も選り好みするだけの余裕もありません。

喧騒なんて何処にでもあるんだから気にする必要はない、恐らくそのように割りきって考えたほうが一番いいのかもしれません。特に年初ともなると、買い物目当てで訪れてきた老若男女が安くなった商品求めてお金を大量に浪費する時期でもあるため、お店側からの怒号もかなりものです。買い忘れたものがあるからと出かける時間を選ぶのも一苦労なこの周辺地域、住んでいなくても色々と見えてくる、そう考えたら住んでみたいとは思えない点も浮かび上がってきます。

高級住宅地として呼べるか

こう見ると表参道という町が本当に高級住宅街と呼ぶに相応しい場所なのか、それさえも危うくなってくる。高級住宅街と呼ばれるものは本来、喧騒に包まれることのない、静かな住環境が整えられている場所、といったように見る方がいいのではないでしょうか。高級住宅街と呼ばれる、都心のその他の地域を見ても喧騒とはかけ離れた生活空間が作られている。近隣住民が努力している賜であるという側面もあるかもしれませんが、単純に商業施設の数が住宅街に少ないというのも一つの特徴でしょう。

では表参道はどうかと考えると、そんな条件からはどうしても遠い条件を持っている地域のようにしか見えてきません。そんなことはないという人もいるでしょうが、恵比寿や白銀台といったような地域ともなると、粗暴な人が彷徨いているという印象すら感じられない。郊外に住んでいる人にしたら、本当に同じ日本なのかと疑ってしまう場所でもある。ある種の異界とでも言ったほうが適切かもしれません。

その点を考慮したら、表参道を高級住宅地と呼ぶのは少し考えなくてはならないのかもしれません。

高級住宅地ってどうなんですか

不動産 長手久市で人生のシャングリラがあなたをお待ちいたしております。信栄不動産が提供する最高クラスの住まい、どうぞ御覧ください!

高級住宅街かどうか

表参道という町を総合的に考えて、これからも高級住宅地と呼んでいいのかを考えてみる。年末年始の人混みの多さはしょうがないとしても、普段の、何の変哲もない平日でも喧騒は顕在化と調べてみると感じるところは感じるという。大通りに面している場所で暮らしている人ほど悩んでいる声も聞こえてきますが、しょうがないといえばしょうがない。夜間まで営業するのが当たり前となっているこのご時世、表参道だろうと例外ではない。オフィス街としての性質も兼ねている町となっているので、パチンコなどの店舗が駅周辺には見られないのはいい点かもしれません。ギャンブルが出来る店があるだけで、ある種の治安に対する不安を生み出してしまいかねないものです。

ここまで話してきた内容は高級住宅街である意味、暗黙の了解として建設を認められていないという性質も有している。高級住宅街に住むというのは、何かとハンデを背負うことの多い地域でもあるのです。

おしゃれな街で暮らしたいあなたへ

実は住まいとしてはあまり向いていない? 表参道